金沢大学 先進総合外科

先進総合外科の紹介

心臓血管外科

心臓血管外科

心臓血管外科とは

狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患、大動脈弁や僧帽弁の狭窄症や閉鎖不全症といった弁膜症、心房中隔欠損症などの先天性心疾患、大動脈瘤や大動脈解離といった大動脈疾患、動脈硬化による動脈の閉塞や狭窄などの末梢動脈病変などに対して、手術やカテーテル(ステントグラフトやステント)などにより治療を行います。

心臓血管外科の特徴

循環器内科や医療スタッフなどとハートチーム合同でカンファレンスを行い、1例1例その人にあった最善の治療を選択し実践しています。従来の正中切開での心臓手術から、小さい傷での心臓手術(MICS:低侵襲心臓手術)、ステントグラフトによる治療まで疾患に合わせた最高水準の適切な治療を提供しています。

心臓の病気がありいつどのようなタイミングで手術が必要なのか分からず不安を抱えている方や、手術が必要と言われたがどういった手術が必要かや、どの程度の手術の危険性があるのかなどが分からず、誰に相談していいかわからない方など、お気軽に当科へ御相談ください。

対応する主な病気

  • 狭心症・心筋梗塞、心房中隔欠損症、弁膜症、不整脈などの心臓の病気
  • 大動脈瘤や大動脈解離、閉塞性動脈硬化症などの血管の病気