金沢大学 先進総合外科

研究室の紹介

呼吸器外科研究室

研究室の紹介

呼吸器外科研究室とは?

臨床診療面では

臨床診療面では原発性肺がん、転移性肺がん、自然気胸、縦隔腫瘍、膿胸などの感染症、漏斗胸など呼吸器外科領域の疾患全般の診断、治療を担当しています。
治療内容は、胸腔鏡を用いた低侵襲手術、内視鏡下のレーザー治療、光線力学療法、ステント治療から、循環器外科グループと連携した大動脈合併切除や整形外科と連携した椎骨合併切除などの拡大手術まで幅広く行っています。
大学病院における全身麻酔下の手術件数は年間300例程度で、他院での手術指導・執刀も年間50例程度あり、計約350例の呼吸器外科手術を行っています。
これらの手術に加え、年間200例を超える気管支鏡検査と外来診療を呼吸器外科チーム一同が一致団結して行っています。

地域医療への貢献としては、石川県能登地区、富山県の5病院に呼吸器外科外来を設置しています。
特に能登地域では検診を受けない患者さんも多く、進行肺がんが多数発見されており、手術だけでなく肺がん発見に関する啓蒙活動も行っています。

研究面では

研究面では、従来から

  1. 移植・呼吸器再建
  2. 腫瘍学
  3. 低侵襲手術

の3本柱で研究を行っています。

研究テーマ一覧に示すように多くの基礎研究と臨床研究を行っています。
臨床試験では、JCOG(Japan Clinical Oncology Group)、WJOG(West Japan Oncology Group)に参加し、多数の多施設共同研究に積極的に参加しています。

研究テーマ一覧

移植・呼吸器再建分野
  • キトサンナノ繊維チューブを用いた横隔神経機能再生効果に関する検討
  • 体外肺切除における気管支創傷治癒に対するキトサンスポンジの有用性
  • 微弱磁場環境下における過冷却保存法を用いた新しいサブゼロ心肺保存法の研究
  • 各種組織片による気管支断端被覆方法の検討
  • 微弱磁場、不凍タンパクを用いた肺の低温保存の研究
腫瘍学分野
  • 「悪性胸膜中皮腫に対する磁気温熱療法」研究を進めています。
低侵襲手術分野
  • 光線力学診断を利用した新しい肺区域同定法(経気管支)の開発
  • 光線力学診断を利用した新しい術前肺マーキング法の開発
  • 光線力学診断を利用した新しい肺区域同定法(経肺動脈)の開発
臨床研究
  • 肺野末梢小型非小細胞肺癌に対する肺葉切除と縮小切除(区域切除)の第III相試験(JCOG0802/WJOG4607L)
  • 高悪性度神経内分泌肺癌完全切除例に対するイリノテカン+シスプラチン療法とエトポシド+シスプラチン療法のランダム化比較試験(JCOG 1205/1206)
  • 胸部薄切CT所見に基づくすりガラス影優位のcT1N0肺癌に対する区域切除の非ランダム化検証的試験
  • 病理病期I期(T1>2cm、TNM分類6版)非小細胞肺癌完全切除例における術後治療に関する観察研究
  • 本邦における肺切除術後脳梗塞に関する周術期、手術因子の解析:多施設共同研究
  • 非扁平上皮非小細胞肺癌に対する術前導入療法としてのCisplatin+Pemetrexed+Bevacizumab併用療法の検討
  • 医学倫理低侵襲・動的呼吸機能検査技術の開発とその評価
  • 肺切除後の気漏に対するミノサイクリンの胸腔内癒着療法に関する安全性の検討
  • ヒトゲノム・遺伝子解析JCOGバイオバンク・ジャパン連携バイオバンクへの試料の提供と将来の利用
  • 低侵襲・動的呼吸機能検査技術による安静換気時の一回換気量計測に関する研究
  • ヒトゲノム・遺伝子解析非小細胞肺癌における次世代シークエンサーを用いたMultiplex体細胞遺伝子変異解析と各種変異陽性例の予後解析研究
  • 肺癌外科治療における合併症軽減のための術前リスク評価 平成27年07月07日
  • 高齢者肺癌に対する外科治療の安全性と有効性を評価するための多施設共同前向き調査
  • 肺癌手術周術期における細胞診と予後との相関に関する研究
  • 肺切除後の細径ポリウレタン胸腔ドレーンの安全性と有用性に関する非劣性試験
  • 肺癌外科切除例に対する登録研究(肺癌合同登録)
  • 肺癌手術におけるビタミンB2をトレーサーとした蛍光法による術中センチネルリンパ節診断法の臨床研究