金沢大学 先進総合外科

患者さんへ

手術について_心臓の病気の手術

狭心症・心筋梗塞の手術

狭心症や心筋梗塞は、心臓の筋肉に酸素や栄養を送っている冠動脈が狭くなったり、詰まったりすることにより、心臓の筋肉がダメージを受ける病気です。
放置していると生命にかかわる病気です。

人工心肺を使用しない冠動脈バイパス手術

冠動脈バイパス手術は狭心症や心筋梗塞に対して行う手術です。

冠動脈バイパス手術について
  • 冠動脈バイパス手術とは狭くなったり、詰まったりして悪くなった血液の流れを、新たに血液が流れる回り道をつくる手術。
  • 心臓血管外科では人工心肺を使用せず、心臓をうごかしたまま行う、からだにやさしい手術をおこなっている。
  • この心拍動下冠動脈バイパス手術は、高度な技術と経験が必要。
  • 従来の心臓を止める手術と比べ、合併症が回避でき、重症な患者様に対しても安全に手術が行える。

冠動脈バイパス手術とは、狭くなったり、詰まったりして血液の流れが悪くなった部分を迂回してその先に新たに血液がながれる回り道をつくる手術です。

心臓血管外科では以前より、人工心肺を使用せず、心臓をうごかしたまま行う、からだにやさしい低侵襲手術をおこなってまいりました。
この心拍動下冠動脈バイパス手術は、動いている心臓の表面を走行する直径1-2mmの冠動脈に短時間で確実な吻合(血管どうしを縫い付ける)を行うもので、高度な技術と経験が必要となります。従来の人工心肺を使用し、心臓を止める手術と比べ、出血や心筋障害、脳梗塞や腎障害などの合併症が回避できるようになり、重症な患者様に対しても安全に手術が行えるようになりました。

また、新たな回り道となる血管をグラフトと呼びますが、もっとも長持ちする血管である両側内胸動脈をグラフト選択の基本とし、冠動脈バイパス手術の効果がより長期にわったて続く手術をおこなっております。また手術中には、冠動脈やグラフトの流れや吻合部の形態を視覚的に評価できる微細エコーを使用し、クオリティの高い手術をおこなっております。

手術の流れ

手術時間など

手術の時間は、約3~5時間ですが、バイパスを作る数や、グラフトに使用する血管の種類によって時間が変わります。また、出血量は100~200ml程度です。

手術後について
  • 1.集中治療室で術後管理

    手術後はそのまま集中治療室で術後管理を行います。
    通常は手術が終わってしばらくの間は人工呼吸器を使って呼吸調節をします。
    麻酔からしっかり目が覚めて、血圧や脈拍が安定し、手術後の出血が多くないことが確認されました場合、管を抜いてご自分で呼吸をしてもらいます。
    翌日からお水を飲み始め、少しずつ食事をすすめていきます。

  • 2.一般病棟へ移動

    数日間の集中治療室での治療の後、一般病棟へ移ります。
    その後も呼吸練習や歩行練習などのリハビリをすすめます。
    術後の検査ですが、定期的に採血、心電図、レントゲン写真を行ないます。

  • 3.退院は約10~14日で

    順調に経過した場合には、術後10~14日で退院可能となります。
    また手術の結果の評価は、心臓超音波検査、カテーテル検査、CT検査などを患者様の状態によって組み合わせて行います。

手術の費用について

おおよその入院費用(入院期間2週間)は、約2,500,000~3,000,000円です。
※実際には高額医療制度が適応されます。