金沢大学 先進総合外科

患者さんへ

手術について_肺・呼吸器の病気の手術

肺がんの手術

肺がんに対する低侵襲手術

当科では肺がんに対して積極的に低侵襲手術を導入してきました。
手術創の大きさは、症例に応じて12cm開胸創(open thoracotomy)、7-8cm開胸創で胸腔鏡併用(MATS、Minimal access thoracic surgery)、完全胸腔鏡(VATS、Videoscopic thoracic surgery)の3段階にわけています。2000年以降の肺がんに対する胸腔鏡下手術は全肺がん手術の約50%となっています。

【左】12cm開胸創・【中央】7-8cm開胸創で胸腔鏡併用(MATS)・【右】完全胸腔鏡(VATS)
【左】12cm開胸創・【中央】7-8cm開胸創で胸腔鏡併用(MATS)・【右】完全胸腔鏡(VATS)

肺悪性疾患に対する完全胸鏡下手術(VATS)

肺悪性疾患では、おもにI期原発性肺がん症例に対し、完全胸腔鏡下に肺葉切除または区域切除を行っています。基本的に2.5cmの小切開2か所と1か所の小穴で手術を行います。

完全胸腔鏡手術の創と実際の手技
完全胸腔鏡手術の創と実際の手技

肺切除における積極的区域切除と選択的リンパ節郭清

原発性肺がんの標準手術は肺葉切除と系統的リンパ節郭清ですが、小さい肺がんでは正常な肺を取り過ぎることになります。
また、最近多発肺がんが発見されることが多くなり、複数回手術を行うためには、できるだけ正常肺を温存する必要があります。
当科では、腫瘍径が2cm以下の原発性肺がんに対しては積極的区域切除術を行い、できるだけ正常な肺を温存しています。また、過去約40年の手術データの蓄積から肺がんの存在する部位からリンパ節転移の可能性のある範囲を予測し、いわゆる選択的リンパ節郭清を行い、不要なリンパ節郭清に伴う神経・血管の損傷を防いでいます。

肺すりガラス様陰影

最近の画像診断の進歩により小型の胸部の異常陰影が検診などでよく見つかるようになっています。
これらの中には“すりガラス”状の淡い陰影を呈するものがあり、肺がんないしその前駆病態と言われています。このような陰影に対して、大きさと性状から経過観察される場合があります。
当科ではこれまでの切除例における病理所見の詳細な検討結果を踏まえて、経過をみることの許される陰影とそうでない陰影とを厳密に区別し、悪性の可能性が否定できないものに対しては積極的に胸腔鏡下での肺生検を行っています。
安易な経過観察が許されない陰影が少なからず存在することを認識する必要があります。

完全胸腔鏡手術の創と実際の手技
【左】Pure GGO・【右】すりガラス陰影と充実性陰影

進行肺がんに対する治療

2群リンパ節転移、胸壁浸潤やがん性胸膜炎といったIII期以上の進行肺がんに対しても、全身状態や病態を考慮した上で、選択的に全身療法および外科的治療による集学的治療を実践し、治療成績の向上に努めています。

がん性胸膜炎に対する治療

肺がん、乳がんなどの悪性疾患でがん細胞が胸膜に転移し、胸腔内に胸水の貯留した難治性の病態です。
当科では患者さんの全身状態や病態を考慮した上で、選択的な外科的治療と化学療法を含めた集学的治療を実践し、本病態に対する積極的な加療を行っています。
また、捺印細胞診と胸水細胞診を併用した診断により胸膜への播種について診断し、綿密な治療体系を組み立っています。

中心型早期肺がんに対する治療

気管・気管支形成術などの手術治療の他に、内視鏡的レーザー治療、気管支腔内照射、光線力学療法(PDT)による治療も行っています。

完全胸腔鏡手術の創と実際の手技
【左上】気管分岐部の扁平上皮癌
【右上】同症例のNarrow banding image
【左下】同症例のPDT直後
【右下】同症例の腔内照射後