金沢大学 先進総合外科

患者さんへ

手術について_肺・呼吸器の病気の手術

その他呼吸器の病気の手術と治療

自然気胸に対しては、初回発症例も含めて、保存的治療(経過観察、胸腔ドレナージ術)と胸腔鏡手術とを患者さんに応じて選択しています。手術適応は再発例、両側気胸例、血気胸例、ドレナージ後も空気漏れの止まらない症例などです。初回手術例に対しては胸腔鏡(併用)手術を原則として施行しています。血液製剤であるフィブリン糊はできる限り用いません。

縦隔腫瘍に対して、積極的に低侵襲な胸腔鏡手術を積極的に導入していますが、進行胸腺上皮性腫瘍や胚細胞性腫瘍と称される一群の腫瘍性縦隔病変においては、簡単に完全切除することは困難です。術前に化学療法や化学放射線療法を行った後、腫瘍の摘出を行っています。

漏斗胸に対しては胸骨拳上術を行いますが、侵襲度の低いNuss法(金属のbarによる拳上)を行っています。

その他呼吸器の病気の手術と治療

その他呼吸器の病気の手術と治療
3mm径のカメラと鉗子

バージャー病などに対する胸腔鏡下胸部交感神経切除術では小孔からの手術を実施し、術後手術瘢痕はほとんど残りません。

気管・気管支狭窄に対する治療

良性疾患でも悪性疾患でも気管・気管支に狭窄を起こし呼吸困難のため患者さんの生活の質が落ちてしまうことがあります。このような気道狭窄に対して、硬性鏡を用いて内視鏡的レーザー治療、ステント治療を行っています。